手術後の注意

 Sponsored Links
 手術を受けた患者さんは、いつから仕事に復帰できるのかが最も気になります。

「いつから仕事に行けますか?」 ・ 「いつからスポーツできますか?」

 手術した場所の数、痛みの感じ方には個人差があります。また、仕事と言っても、多種多様で、事務仕事で座ったままの仕事もあれば、いつも外で働く体力勝負のような力仕事の方もいらっしゃいます。

 ですから、一概に「いつから」と答えることはできませんが、傷は毎日修復されていきますから、次第に楽になってくるのは実感きできると思います。これくらいなら、できるかな?という、無理をしない程度の仕事からゆっくりと始めてみるのがよいと思います。

 傷の大きさ、術後の経過、仕事の内容、年齢、持病(糖尿病など)の有無によっても、傷の治癒には個人差があります。

 よくある、腹部などの魚の骨のような縫ってある傷の場合は、1週間もすれば抜糸を迎えて傷は閉鎖しますが、お尻の場合は、普通の傷とは違い、排泄の為に傷が開かれ、便を擦り付けながら治さなくてはなりません。

 また、傷の面は腸液に常にさらされている為に、乾燥することが無いので、「かさぶた」もできません。このように、肛門の手術によってできた傷は、非常に過酷に状態にあるために、傷を安静に保事ができないのです。

 傷が完全に治るには、早い人ででも1ヶ月、遅い人では2ヶ月前後かかることがあります。特に持病として、糖尿病などがあると、傷の治りは遅れることが知られています。また、痔ろうでも、傷が深かったり、長かったりすれば、当然治癒するまでに時間を要します。

 専業主婦のように重労働でなければ、基本的に自宅での動作なので、特に行動に制限はありませんが、お仕事で長時間座ったままだとか、力仕事、動作を多く伴う仕事といった内容であれば、もちろん、多少の制限を伴うのも仕方ありません。

 たとえ軽い痔核で1泊2日の手術を受けても、傷が治るには数週間という時間がかかりますので、手術後1〜2週間程度はあまり無理をしないでください。その後で、仕事をする、スポーツをする、自転車に乗るなどの動作で、無理がなければいいのですが、心配なら控えて下さい。

 旅行なども、傷が完治するまでは、控えておいた方が無難です。旅行先で出血などのトラブルに遭遇したら、大変な事になります。

 無理をすると出血する、という訳ではありませんが、そのリスクを高めることになります。これからも毎日お世話になる肛門様です。傷が完治するまでは無理をしない事が大切です。

 また、浸出液がガーゼに付着する間は、プールや温泉、海水浴などは控えておいた方が無難です。

 時に、術後3〜4ヶ月経っても、排便時に痛みや、軽度の出血などがみられる場合には、手術によってできた傷が、日常生活の排泄によって、傷が開かれる事を繰り返しているうちに、完全に治りきらずに、慢性的な裂肛として完治せずに残ってしまう場合があります。

 このような症状が続く場合には、遠慮なく、外来を受診していただき、その旨をお伝えください。たまにその様な訴えをする患者様はいらっしゃいます。