☎ 048-571-8355
FAX 048-571-1606

Fukaya Proctology Department. Specialty Clininc of Anal Surgery and Screening Colonoscopy.

 H O M E 当院の紹介 診療担当医アクセス English

特色・診療内容 よくある質問

外来のご案内 入院のご案内 病診連携

手術実績 内視鏡実績


大腸内視鏡 SUPER INDEX 大腸がん SUPER INDEX

さまざまな肛門病

  肛門部には多くの静脈が集まって網の目状になっています(直腸肛門静脈叢;ちょくちょうこうもん・じょうみゃくそう)。

 静脈叢に様々な原因(下痢や便秘で負担がかかるなど)で血管が切れ、突然肛門の皮下に血の塊ができることがあります(血栓性外痔核)

 拡張した静脈が集まって、柔らかいイボのように膨れた物が、肛門より中に生じた場合を内痔核(ないじかく)と呼び、肛門の表面近くに生じた場合を外痔核(がいじかく)と呼びます。
 
 そして、痔核が出たまま元に戻せなくなると、強い痛みが生じます。このような状態を嵌頓痔核(かんとんじかく)と呼びます。また、複数の痔核が生じ肛門全体が全体的に脱出する場合が脱肛(だっこう)です。

 直腸内から細菌が進入し、炎症を起こして膿が溜まると、発熱し、痛みが増強します。これが肛門周囲炎で、膿がたまった状態を肛門周囲膿瘍といいます。これが破れて膿が出た後に、管状のしこりが残っている状態を痔瘻(じろう)といいます。

 硬い、太い便が出て肛門が切れれば出血を伴い、痛みも感じます。これを裂肛(れっこう)と呼び、いつも硬い便で、傷が定期的に開かれる状態を長く続けてしまうと、慢性化して潰瘍(かいよう)を形成し、いつまでも痛みと出血が続くようになります。このような状態を慢性裂肛(まんせいれっこう)と言ったりする場合もあります。

 いわゆる、「切れ慣れてしまう状態」です。このようなケースでは、薬(座薬な軟膏)などを使用しても、一時的に良くなるだけで、薬が切れてしまうと、また同じ状況を繰り返す、という場合には、根本的な治療が必要になります。

 いわゆる「手術による治療」です。当院の場合は、局所麻酔で、その切れ慣れた上皮を薄く切除してしまい、「治りやすい傷」に変えてあげて、それまで長期に及んで苦しめられてきた肛門病変を治療する、という治療方針をとっております。これまで、多数の方が、慢性的な痛みから解放されております。

 注意しなければならないのは、肛門からの出血を長期間放置することです。

 少量の出血でも、長期にわたる場合、貧血が進行し、疲れやすくなったり、眩牽(めまい)を起こすことがあります。このような場合は放置せずに、直ちに血液検査を受け、貧血が強い場合は、適切な処置を受ける必要があります。

 痔のほかにも下血がみられる疾患として、大腸憩室症(けいしつしょう)や、大腸に炎症を生じる潰瘍性大腸炎クローン病大腸ポリープ虚血性腸炎(きょけつせいちょうえん)などがあります。

 また大腸がん肛門がんなどのように、進行すると取り返しのつかない病気もあります。通常は40才以上の方に多いのですが、時には、20才代にもみられることがあります。また若年者ほど発見された場合に進行している場合が多く、一刻も早く治療を受ける必要があります。
肛門病の症状

【1】痛み


 持続性の激しい痛みに発熱を伴うような場合は、急性の肛門周囲炎や肛門周囲膿瘍などが考えられます。一方、排便時や、その後も続く痛みの場合は、裂肛(きれ痔)が考えられます。また、突然肛門に丸いしこりができて、痛みが続く場合などは、血栓性外痔核(いぼ痔)が考えられます。

【2】 出血

 排便時にポタポタとたれたり、ほと走るように出る場合などは内痔核が考えられ、痔がひどくとび出して、出血する場合は、脱肛が考えられます。そのほか大腸がんをはじめ、大腸の様々な病気(後述)も出血の原因となります。

【3】 膿

 激しい痛みの後、膿が排出され、その後その穴から絶えず膿のような物が出続けたり、しこりのようなものが消えないる場合には、痔瘻が考えられます。

【4】かゆみ
 肛門周囲の湿疹や皮膚炎が考えられます。また糖尿病、アレルギー、女性ではホルモンの関係でかゆくなることもあります。

診断名からの症状

①血栓性外痔核(血まめ
 肛門に、ある日突然、半球状のしこりができて、押したり座ったりする動作で痛みがある。

②裂肛(切れ痔
 排便時に痛みが強く、排便後もしばらく痛みが続く。

③内痔核
 排便時に柔らかい突起物が出てくる。小さいうちは自然に収納されるが、次第に大きくなると、指を使って押し込むようになる。

④嵌頓(かんとん)痔核
 指で押し込んでいた内痔核が、肛門外で大きくなってしまい、「収納できない状態」になってしまった痔核。

⑤脱肛
 何年も放置した大きな内痔核が2~4か所にでき、肛門をとりまくように、脱出する状態

⑥肛門周囲・直腸周囲膿瘍・アテローム
 肛門周囲に違和感が生じ始め、日単位で痛みが増強し、さらに放置すると発熱し、激しい痛みのため座れなくなることもある。

⑦痔瘻
 膿瘍が排出されたことによって生じる、膿が溜まっていた袋が索上にしこりとして残った状態。分泌物が出続ける事もある。

⑧直腸脱
 排便時にいきむと、腸が長く外に垂れて出てくる。

⑨潰瘍性大腸炎・クローン病
 肛門からの出血が数ヶ月前より継続し、痔の薬を使っても改善せず、下痢、頻便、粘液便などがみられる。

⑩肛門周囲湿疹・肛門皮膚掻痒症
 肛門周囲が痒い

⑪肛門ポリープ
 小指の爪くらいの小さなツルリとした膨らみが排便時に出てくる。

 一応、上に述べたように、「診断名からの症状」を一覧にしましたが、これは、なかなか「肛門科」を受ける勇気がない、周囲に肛門を専門にしている医療機関はがない、という方の為に「とりあえず一覧を作った」という事に過ぎません。

 つまり、羞恥心からなかなか専門の医療機関を受診しない患者様は沢山いますが、ここで注意していおかないといけないのは、「俺(私)の症状はコレに似てるから、きっとコレだろうな」と、素人判断で済ませてしまうのが最も危険な事である、という事です。

 場所が場所だけに、他人に見せて判断してもらうには、「勇気」がいる場所であるのは間違いないのは当方も承知です。ですが、素人がインターネットでいくら調べても、所詮素人判断の閾値を超える事は不可能です。

 命に関わる病気(いわゆる大腸がん)が無いという事は精査をしない限り、誰にも言えません。「羞恥心も必要最低限」にして頂き、専門とする医師に診てもらう勇気も必要だと思います。「もっと早く診てもらえばよかった」と思う機会は絶対に経験してはいけません。その点だけを肝に銘じて頂ければ幸いです。

Sponsored Links

 大腸がん SUPER INDEX

 H O M E 当院の紹介 診療担当医アクセス English




Copyright Ⓒ Fukaya Proctology Department. All right reserved.
Since 1997.8

〒 366-0035 埼玉県深谷市原郷 449-2
449-2 Harago Fukaya City, Saitama pref. 366-0035 Japan

TEL 048-571-8355
FAX 048-571-1606