さ ま ざ ま な 肛 門 病
  肛門部には多くの静脈が集まって網の目状になっています(直腸肛門静脈叢;ちょくちょうこうもん・じょうみゃくそう)。静脈叢に様々な原因(下痢や便秘で負担がかかるなど)で血管が切れ、突然肛門の皮下に血の塊ができることがあります(血栓性外痔核)。拡張した静脈が集まって、柔らかいイボのように膨れた物が、肛門より中に生じた場合を内痔核(ないじかく)と呼び、肛門の表面近くに生じた場合を外痔核(がいじかく)と呼びます。そして、痔核が出たまま元に戻せなくなると、強い痛みが生じます。このような状態を嵌頓痔核(かんとんじかく)と呼びます。また、複数の痔核が生じ肛門全体が全体的に脱出する場合が脱肛(だっこう)です。

 直腸内から細菌が進入し、炎症を起こして膿が溜まると、発熱し、痛みが増強します。これが肛門周囲炎で、膿がたまった状態を肛門周囲膿瘍といいます。これが破れて膿が出た後に、管状のしこりが残っている状態を痔瘻(じろう)といいます。

 硬い、太い便が出て肛門が切れれば出血を伴い、痛みも感じます。これを裂肛(れっこう)と呼び、いつも硬い便で、傷が定期的に開かれる状態を長く続けてしまうと、慢性化して潰瘍(かいよう)を形成し、いつまでも痛みと出血が続くようになります。

 注意しなければならないのは、肛門からの出血を長期間放置することです。少量の出血でも、長期にわたる場合、貧血が進行し、疲れやすくなったり、眩牽(めまい)を起こすことがあります。このような場合は放置せずに、直ちに血液検査を受け、貧血が強い場合は、適切な処置を受ける必要があります。痔のほかにも下血がみられる疾患として、大腸憩室症(けいしつしょう)や、大腸に炎症を生じる潰瘍性大腸炎クローン病大腸ポリープ虚血性腸炎(きょけつせいちょうえん)などがあります。また大腸がん肛門がんなどのように、進行すると取り返しのつかない病気もあります。通常は40才以上の方に多いのですが、時には、20才代にもみられることがあります。また若年者ほど発見された場合に進行している場合が多く、一刻も早く治療を受ける必要があります。

肛 門 病 の 症 状 
【1】 痛み

 持続性の激しい痛みに発熱を伴うような場合は、急性の肛門周囲炎や肛門周囲膿瘍などが考えられます。一方、排便時や、その後も続く痛みの場合は、裂肛(きれ痔)が考えられます。また、突然肛門に丸いしこりができて、痛みが続く場合などは、血栓性外痔核(いぼ痔)が考えられます。
【2】 出血

 排便時にポタポタとたれたり、ほと走るように出る場合などは内痔核が考えられ、痔がひどくとび出して、出血する場合は、脱肛が考えられます。そのほか大腸がんをはじめ、大腸の様々な病気(後述)も出血の原因となります。
【3】 膿

 激しい痛みの後、膿が排出され、その後その穴から絶えず膿のような物が出続けたり、しこりのようなものが消えないる場合には、痔瘻が考えられます。
【4】 かゆみ

 肛門周囲の湿疹や皮膚炎が考えられます。また糖尿病、アレルギー、女性ではホルモンの関係でかゆくなることもあります。

症 状 考えられる疾患 
肛門部にある日突然、丸いしこりができてずきずき痛む 血栓性外痔核(血まめ)
排便時に非常に痛みが強く、そのあとしばらく痛みが続く 裂肛(きれ痔)
肛門の周りが日毎に痛みが強くなり、さらに放置すると発熱する 肛門・直腸周囲膿瘍
アテローム
排便後、痔核が出たまま入らず、それ以後痛みが激しくなる 嵌頓(かんとん)痔核
走るように出血したり、ポタポタ出血したりするが痛みは少ない 内痔核、肛門ポリープ、
大腸憩室症
粘液や、赤褐色の血液の混じった便がでる 大腸がん、肛門がん
潰瘍性大腸炎、クローン病
排便時に肛門部が外に出て、出血がみられる
脱肛
痔核が出たまま入らずに痛み、肛門内に収納できない 嵌頓痔核
排便時にいきむと腸が外へ長くたれて出る 直腸脱
肛門の周囲に管状のしこりが触れ、分泌物がでることもある 痔瘻
肛門内から粘液などが出て、じめじめする 脱肛、直腸脱
肛門の周囲がかゆい 肛門周囲湿疹
肛門皮膚掻痒症
痔瘻、脱肛など
肛門病の名称