おしりの話
 という字は「やまいだれの中に寺」と書きます。この病気になったらお寺に行くしかない、つまり死んだ方がましと思って考えたのか、この字を考えた人は、かなりひどい痔の持ち主だったのかもしれません。『ワタシノ辞書ニハ不可能トイウ字ハナイ』と言った、かの有名なナポレオンもひどい痔で悩んだということを何かの本で読んだことがあります。

 しかし、『痔』は漢字ですからナポレオンではなく、恐らく中国人だったのか?? 冗談はともかく、痔の痛みは種類によっては、かなりひどく、痔になった人でないと分からないとよく言われます。痔の症状が大なり小なりある人は、かなり多いようですが、それはなぜでしょうか。

 この地球上の生物は大きく『動物』『植物』とに二分されます。一般に植物は物を食べませんが、動物は、生きるために下等動物から高等動物、つまり人間に至るまで、全て物を食べます。食べたら出さなければなりません。つまり、動物は生きている限り『口』と『肛門』を毎日使います。使い方が悪けれぱ急激に悪くなることもあります。したがって全ての動物に痔があっても不思議はないのですが、下等動物には痔が少なく、高等動物に多い傾向があります。

 それは、下等動物は排泄口が1つ、つまり大便と小便が1つの穴から出るため柔らかい便になります。常に柔らかい便が出るので壊れにくいのです。高等動物は大便と小便が肛門と尿道とに分かれて出ます。従って、便秘をして便が硬くなると、排便時に強くいきんだり、肛門が切れたりして痔になりやすいのです。ですから、犬や猫にも痔は存在します。それでも人間に比べるとかなり少ないようです。同じ高等動物でもなぜ人間に痔が多いのでしょうか。

 それは2足歩行4足歩行の違いです。人間は立つことにより、心臓よりも低い位置にある消化管に送られた血液は、静脈となって、心臓に戻って行く時に、重力に逆らい、上方向に戻って行くことで、肛門周囲に重力による血流の負担がかかります。重力によって圧迫され、肛門周囲の血流が悪くなると同時に、直腸内では、便が下方向に押し出される為に、粘膜と摩擦を生じて、より痔が悪化するのです。妊娠すると痔になる方が多いのは、さらに、胎児という大きな固体によって、静脈の還流を圧迫し、悪化させる為なのです。

 帝王切開による出産になら、痔は悪化しない、と思ってる方もいるようですが、それは間違いで、お腹の中に、大きな胎児が存在する事によって悪化するので、出産方法によって痔の悪化程度が左右されることはあまりません。妊娠自体が、痔の悪化のリスクファクターなのです。ですから、可能であれば、妊娠前に痔があると分かっている場合は、治療をしておいた方が良い人もいます。

 皆さんは、今までに1度や2度は歯医者さんにかかったことがあると思います。それは毎日物を食べていて歯を使っているから、たまに故障しても不思議ではないからです。食事の回数はおおまかに年齢×365日×3回と、膨大な回数の食事をしているので、歯が悪くなる人が多くても何の不思議もないのです。そして、その約3分の1はお尻も使っているのです。おしりの具合が悪い人が多い原因はそこにもあるのです。

 皆さんが友達から、「昨日はいなかったけど、どこかに行ってたの?」と聞かれたときに、「歯医者さんに行ってたの」とは誰でも答えられるけれども、「肛門科に行ってたの」と答えられる人は少ないでしょう。恥ずかしいからといって長い間、病院に行かずに適切な治療を怠ると、次第にひどくなることがあります。症状が軽い場合は薬で治ることがありますが、一線を越えると入院・手術が必要になります。したがって、早期診断、早期治療!。症状の軽いうちに、恥ずかしがらずに専門医の治療を受けることが大切です。