治 療 法
  「手術せずに痔を治せませんか?」「痔の手術は痛いから、手術をしないで薬で治したい」、または、「注射で治したい」、と考えている人は多くいらっしゃいます。当然ですが、来院される患者さん全てに手術を勧めるわけではありません。症状の軽い人は、薬で経過を観察します。ですが、それだけでは、どうしても症状が治まらないという方には、手術や注射など、適切な治療を行うことになります。

 「痔」は、「がん」と違って、悪性の病気でありません。ですから、その手術の適応とは、痔によって、「どれだけ日常生活に支障を来たしているか」です。さらに「治療薬などで改善が見込めない」「本人に治療する気がある」という条件が揃えば手術の適応となります。

 当然の話ですが、日常生活に支障を来たしていなければ、手術なんてサラサラ考えないでしょうし、仮に支障を来たしていても、本人に手術を受ける気が無ければ、手術の適応から除外されます。「支障を来たさないレベル」にまで、薬で誘導できれば、もちろん手術の必要はありませんが、薬を何ヶ月も使用しても、症状が改善されず、手術を受ける気持ちがあれば、手術の適応になります。

 例えば、がんのように「悪性」の病気であれば、日常生活に全く支障を来たしていなくても、手術の適応になるのは、ご理解いただけると思います。それが、悪性疾患と良性疾患の手術適応の大きな違いです。
【保存的治療

 症状が軽い場合は、手術をせずに外来通院にて薬(坐薬・軟膏・内服薬)で治療を行ないます。初診の方の約6割は薬で治ります。


【単純切除法(電気メス・レーザーメス使用)】

 内痔核、外痔核、裂肛、肛門ポリープなど、1〜2ヶ所の小さな脱出の場合にその部分を切除する方法です。多くの場合、入院期間は1泊2日です。症例にもよりますが、妊娠中の女性や高齢者でも手術が可能です。


【結紮切除術(電気メス・レーザーメス使用)】


 現在最も多く用いられている方法です。痔核の一部を切除し、その根部を輪ゴムで結紮して処理します。一ヶ所で軽症であれば、一泊二日の入院で可能です。しかし、痔核が多数に及ぶような脱肛では、処置が複数になるため、出血の危険性の増加や、痛みの程度の増加があるので、多少入院期間が長くなる場合もあります。


【四段階注射法(ALTA使用)】

 痔そのものに4回に分けてALTA(ジオン)と呼ばれる特殊な薬剤を注射して痔を治療する方法です。抗凝固剤などを服用している患者様にも、適応になりますが、痔そのものを切除する訳ではないので、全国的な統計では、再発率が10〜15%と高いのが短所です。また、術後に肛門周囲の違和感などを訴える場合もあります。


【凍結法(冷凍メス使用)】

 当院では昭和48年に冷凍メスを導入しました。液化炭酸ガスを使用し、痔核などの患部を-31℃で凍結し、脱落させます。現在でも症例によって使用することがありますが、使用頻度は減少してきました。
Q.「痔の手術は痛いのですか?」

A. 痛くないと言えばうそになってしまいますが、脱肛などの手術で複数の場所を手術した場合と、一ヶ所の場合では、もちろん後者の方が、痛みの程度は軽いです。また痔ろうの術後は、痔核、脱肛の術後と比べ、痛みを訴える方の数が少ないのは事実です。現在では種々の鎮痛剤があり、以前よりは、痛みもそれほど強く感じなくなっています。手術後は翌々日から入浴が可能になり、下半身を暖めることにより、術後の痛みも軽くなります。徐々に痛みは軽減します。個人差はありますが、完全に痛くなくなるのは、1〜2ヶ月はかかると思って下さい。


Q.「手術時間や入院期間はどれくらいでしょうか?」

A. 手術時間は約5〜10分間です。入院期間は痔核や裂肛で1泊2日、脱肛や痔瘻では、程度にもよりますが約4〜5日間くらいです。


 (注1) 手術には麻酔が必要です。肛門部の手術は、腰椎麻酔と局所麻酔がありますが、当院では局所麻酔のみで手術を行います。局所麻酔の利点は安全で合併症の少ない事ですが、大きな脱肛や、深い痔瘻の場合などは手術ができません。そのような場合は、腰椎麻酔が可能な病院を紹介致します。詳細は「病診連携について」をご覧下さい。

 (注2)当院では昭和43年の開業以来、手術件数は65,000例を超え、現在、一年に約1,300例の手術を行っております。そのうち70%は、1泊2日の入院です。痔になっても、症状が軽ければ薬で治ることが多く、たとえ手術をしても、大きな痔でなければ入院期間も短くて済みます。尚、入院期間は1日だけでも、傷が治るには1ヶ月ぐらいかかりますから、術後の出血の危険性を考えると、仕事などは一週間前後は無理をしないことをお勧めしています。

 (注3)たとえ簡単な手術でも年齢に関係なく危険は伴います。その要因となるものは、注射、特に麻酔によるショック、薬の副作用、アレルギー反応、持病の増悪などが挙げられます。持病があり、抗凝固剤などを常用されていて、手術に支障を与えると考えられる場合には主治医に手術が可能かどうか許可を得る必要があります。また、たとえ術前検査で何も異常がなくとも手術中に事故が起こらないとは限りません。特に高齢者の方、耳の不自由な方、体の不自由な方、病弱な方、また未成年の方の場合は手術前に家族の同意が必要です。手術に対する注意事項などをお話しますが、その時に患者さん本人だけでなく家族の方も一緒に話を聞いていただきたいのです。また手術当日の午後5時頃から手術後の説明があります。その際も前述のように健康に不安のある方は、家族の方の同席が必要です。手術には最善を尽くしたいと思いますのでご協力の程宜しく御願い致します。